髪や頭皮、体の健康状態で受ける科が違う

薄毛がひどく、自分ができることは思いつく限りやってみたのになかなか改善されない…
なんてことになると、病院での治療を考えるようになります。
でも、何科にいけばいいのかわからないという人も少なくありません。
しかも、髪の症状は体の状態によっても異なりますので、それによって受ける科も違ってくるのです。

妊娠や出産後で、生理不順といったホルモンバランスの乱れがみられるような状態では「婦人科」を。
頭皮のかゆみやふけ、湿疹、炎症、吹き出物などの異常がみられる場合は「皮膚科」を。
抜け毛や薄毛以外にも体調異変を感じているようであれば、内臓疾患や甲状腺機能障害といった症状によるものなのかもしれないので「内科」を。
精神的に強くショックやストレスを受けている状態での薄毛であれば、「精神科」を…といったように、状態によって受ける科が違ってきます。
ちなみに、円形脱毛症の場合では皮膚科を受診して、別で心療内科・精神科などを見てもらうようにします。

薄毛治療には専門クリニックが一番

一般的な病院では、加齢による老化現象や不健康な生活習慣、間違ったヘルスケア、ストレス、遺伝、産後の抜け毛…といった理由による薄毛に対しての直接的な治療法は用意されていません

治療は必要なしとして、薬の処方はしてもらえないことがほとんど。
ただ、急に短期間で薄毛が進行してハゲてきた場合では、なにかしらの異常が隠れているかもしれないとして、一般に病院でも対処してもらえる場合もあります。

薄毛の悩みで皮膚科や婦人科を受診することはできますが、そうした一般的な病院は脱毛や薄毛の専門家ではありません。
より詳しい治療を求めるのであれば、頭髪の専門医に相談するのが一番
大学病院の脱毛症専門外来などがありますが、大学病院では医療機関の紹介制が基本ですので、あまり気軽に行ける様なところではありません。

それよりも、レディース頭髪外来といった女性の薄毛治療をメインとしたクリニックの方が受診しやすいものとなっています。
頭髪治療を専門としているので、患者一人一人の薄毛の要因をみつけ、最適な治療や薬の処方をしてくれます。

専門病院での治療の流れ

薄毛治療専門クリニックでは、最初にカウンセリングをおこないます。
カウンセリングはほとんどのクリニックで無料でおこなっており、髪の状態を見て治療内容や費用などについて説明していきます。
治療をおこなわない場合はここで終了となりますが、おこなう場合は初診を受けて治療がスタートします。

初診では、治療による薄毛や抜け毛への効果を判断しやすくするために、頭部の写真撮影をおこないます。
次に専門医が頭髪や頭皮の状態だけでなく、体全体の健康状態を診察。
もちろん、薄毛や抜け毛への悩みや不安なども相談できます。
さらに、治療で使用する薬が体に悪影響を与えないかどうかを調べるために血液検査をおこないます。

そして、血液検査が出てくる1週間後ぐらいから治療開始。
血液検査で出た結果を基に、内服薬や外用薬などの治療薬などが大体1ヶ月分の薬が処方され、薬がなくなる頃にまた通院していくこととなります。
多くのクリニックで、経過効果をみるために頭部の写真撮影をおこないます。

変化に応じて治療や薬を処方していきますが、生活習慣なども薄毛には大きく関わってきているので、それについてのアドバイスなどもおこなわれることとなります。